八女茶について

八女茶について

八女茶について

応永30年(1423年)、明から帰国した学僧、 栄林周瑞(えいりんしゅうずい)が地元の庄屋、松尾太郎五郎久家(まつおたろうごろうひさいえ)の援助を受け、 筑後国鹿子尾村(現在の八女市黒木町笠原)に霊厳寺を建立、久家に持ち帰った茶の実を分け与え、明の釜炒製法と喫茶法を伝えたとことが八女茶の発祥とされています。

みやま市瀬高町は、八女玉露発祥の地

みやま市瀬高町は福岡の八女玉露の発祥の地。
瀬高町内にある三重の塔で有名な清水寺は、伝教大師が約1200年前に開基した古刹。
明治12年に当時の住職故田北隆研師が、清水寺一帯の茶樹から玉露の製造を開始し、その技術が八女地方に伝授されました。これが八女玉露のはじまりとされています。 
今ではこの「福岡玉露」は、日本茶のトップブランドとして全国各地で賞されています。
筑紫平野南部(八女地方)は、地質的に筑後川と矢部川の両河川から運搬された土砂(腐葉土)が交互に堆積した沖積平野からなっています。

霧(朝霧や川霧)の発生しやすい土地柄でもあり、 茶畑があるなだらかな山の斜面を霧が覆い 太陽光を適度に遮ることで、茶の旨み成分であるアミノ酸類(テアニン、グルタミン酸、アルギニンなど)の生成を促進し、栽培されるお茶はコク、甘みを強く感じるものが多いのが特長で、古くから天然の玉露茶として珍重されてきました。

茶の生育に関る気候も、八女地方は 日中の気温が高く、 夜間は冷え込む特有の内陸性気候と年間1600mm~2400mmの降雨量が 周瑞の学んだ中国蘇州の霊巌山寺付近の気候に近く、茶の栽培に適していたとされます。

八女は玉露の生産日本一

八女茶は、伝統本玉露の生産量が日本一(約45%)。その品質も高く、日本有数の高級茶産地として全国的に知られています。 玉露は平成13~22年度の全国茶品評会で10年連続の農林水産大臣賞を受賞しており、特に19年度は、玉露の部の1位から26位までを独占し、他産地を圧倒しました。

玉露茶園は八女市の山間部のなだらかな傾斜山地に多く見られ、とくに八女市黒木町から八女市星野村、上陽町にかけての中山間地で受賞した玉露茶園が多く見られます。

手間暇惜しまず作られる八女玉露

玉露は、日光に当てないように覆いをして育てる最高級緑茶。その栽培には大変な手間がかかります。しかし、八女玉露の昔ながらの伝統を守り、生産者がそれぞれ妥協を許さずに手間を惜しみなくかけてつくっているからこそ、おいしい玉露がつくられ続けているのです。

八女玉露は、まろやかで甘みが強く、香りもたいへん高く、とても素晴らしいお茶です。

法人様へ

古賀茶業は八女茶産地問屋です。
おいしい八女茶を店頭やネット通販で個人のお客様や、企業様向けに卸販売も行っており、すでに数々の企業様や販売店、百貨店などで、私どもの製品をお取り扱い頂いております。

古賀茶業には、Webサイトに掲載している商品以外にも、自信をもってお薦めする商品が多数ございます。 もし私どもの商品に興味をお持ちいただき、お取り扱いをご希望の場合は、お問い合わせフォームよりご連絡下さいませ。